LIST

てくてく図鑑

AREA2

善通寺 誕生院(西院)


御影堂西側層塔

みえいどうにしがわそうとう

解説

鎌倉時代に僧・道範によって書かれた『南海流浪記』によると、のちに誕生院が建立されることになるこの場所には「七重の石塔があった」と記されており、現存層塔がこれにあたる可能性がある。 屋根の軒下には組物を彫出しており、こうした型式は古代の石塔にみられるものである。誕生院建立以前の善通寺の歴史を考える上で、極めて貴重な遺品。

指定区分

市指定文化財

構造

年代

平安時代

所在地

香川県善通寺市善通寺町3-3-1