LIST

てくてく図鑑

AREA2

善通寺 誕生院(西院)


御影堂奧殿

みえいどうおくでん

解説

御影堂の最深部。奥殿の厨子内には、秘仏・瞬目大師像を安置している。寺伝では、弘法大師が唐にわたる際、寂しがり心配する母君のために、池に映る我が身を写した画像だと伝える。 さらに厨子前には木造の弘法大師像と四天王像を安置し、幼少時のお大師さまの姿をあらわした稚児大師像や、ご両親の佐伯善通、玉寄御前の像もあわせて奉安されている。 この御影堂奥殿は、母君・玉寄御前の部屋があった場所と伝えられており、まさにここが弘法大師信仰の聖地である。

指定区分

登録有形文化財

構造

年代

所在地

香川県善通寺市善通寺町3-3-1