LIST

てくてく図鑑

AREA7

善通寺市内


讃岐宮(香川県護国神社)

さぬきのみや かがわけんごこくじんじゃ

解説

明治維新以来、国のために命を捧げた香川県出身者の英霊がまつられている神社。その歴史は、明治32年(1899)に陸軍第11師団長・乃木希典が善通寺の練兵場で初めて招魂祭を執行したことに始まり、昭和16年(1941)に県民の勤労奉仕と全国からの献木によって完成をむかえた。深い森に包まれた社殿は、静かで品のあるたたずまいである。 年間を通じて各種奉納行事が行われ、8月には戦没者の慰霊と恒久平和を願う「万灯みたままつり」が催される。

指定区分

構造

年代

所在地

香川県善通寺市文京町4丁目5−5